ミリアサ スロット 天井

ミリアサ スロット 天井

 相当に、彼らから深みまで連れ込まれたのだな

 同情するよ」そして黙った

あなたも好きかも:黄門 ちゃ ま パチンコ 甘 デジ
え、いや、それで終わりなのか?もっと何か、もうちょっと俺にでも分かるように噛み砕いて……俺がもう一言質問しようとすると後ろからミラムーンが飛びついて口を塞いでくる

「あっ、ありがとうごさいました! 私が解説しますので! もうちょっとだけ、そこでお待ちを!」ミラムーンはそう言うと俺の手を引いて、数メートル再び離すと「……前の質問とくっつけて推測すると あの人は多分こう言ってます

 別々の動機を持っている どちらに力を貸すも自由だと」「……どっちもどっちだと……? 自分で選べってことでゲスか?」「そういうことです

でも、ゲスナルドさんは マイカさんのこと信頼してるでしょう? ならば、力を貸すに十分では?」「……確かに……」逆にアグラニウスには今のところ俺が知る限り、同情できそうな理由は無い

あなたも好きかも:プロレスラー パチンコ
ミラムーンが真剣な顔で「たぶん、そろそろあっちの興味が尽きると 思います……態度で分かるでしょう?」小声で言ってくる

あなたも好きかも:パチンコ ズバット
俺もチラッと異様な人物を見つめると確かに既にこちらを見ずに、空を見上げている

「次が、最後の質問でゲスな……?」ミラムーンは黙って頷く

もう、俺は尋ねたいことはない

むしろ、これ以上、あの異様な人物を刺激したくない

機嫌を損ねると、勝てそうもないからだ

精神体のはずなのに、そう強く感じる

眼でミラムーンにそう告げると彼女は深く頷いて「じゃあ、私が最後にあえて、よくある 平凡な質問をぶつけてみます」と振り向いて、そしてゆっくりと空を見上げている異様な風体の男に近づいて行った

ミラムーンは少し、間を置くと「あなたが、どういう経緯で アグラニウスに来られたかは分かりませんが 同族が独りは、さみしくはないですか?」そう、はっきりと尋ねた

異様な人物はこちらへと向き直り「ああ……そうだな

 個人としての感情と、生き物として 可能な限り可能性を拡大していくことは よく反発しあう