スロット 花火

スロット 花火

奇襲は無理なようですから、正面から行きましょう」「はいっ!」「――おぉう」 ハイヤの近くの壁が扉へと変わり、魔力量バカ登場

あなたも好きかも:accel パチンコ
こっちの顔色とか思考とか完全に読まれてね? おっかしーなー、なんか昔の可愛げのあった黒姉の姿とかが脳裏に浮かんできたんだけど

まぁ、癒やされるからいっか

主人公&ユグラ「(走馬灯見てそうな顔してる)」

半時間ほど、サヤと部屋で言葉を交わして過ごし、たった一人で、抱え込んでいなくて済むことの幸福や、理解して欲しいと思う相手がいることの、有難さ

あなたも好きかも:プロギャンブラー バカラ
そんなものを噛み締めているうちに、気持ちも落ち着いた

「……マルを呼んでもらえるかな

 とりあえず二人で話したいと思う……」 寝台から這い出した俺がそう言うと、サヤはにこりと笑って手を伸ばし、俺の頬に触れ、指先でくすぐるように撫でた

 子供のような扱いが若干傷付いたけれど、寝台の中に逃げ込むような大人だからなと、自分でも情けないことに、納得できてしまう……

「……呆れた?」「何が?」「…………我ながら、子供みたいだったと、思って……」 素直に白状したら、瞳を細めてサヤは、俺に微笑み言った

「笑って誤魔化されていた時よりは、ずっとマシやって、マルさん言うてはった

 レイが、自分の考えを持って、それを譲らんと人とぶつかるって、学舎にいた頃にだってなかなか見いひんことやったって

あなたも好きかも:パチンコ まどマギ 継続率
 ……それは喜べるんですけどねええぇぇって」 マルの間延びした口調を真似して言うサヤ

「アレクさんじゃなきゃ、少々の無茶くらい、融通きかせようと思えるんですが……って

 それくらいマルさんには、難しいと思う相手やいうこと……なんやね」 そうなのだろう