パチスロ 仕事

パチスロ 仕事

そんな時にこそ、誰かに側にいて欲しいと願ったのに、メラビスはあたしよりも先に壊れてしまった

『ごめん、ラザリカタ様

俺はここまでのようです』 既に半身が異形の怪物へと変化していた

その時、あたしは初めてメラビスが恐れていたものを知った

メラビスが恐れていたものはただの烏だった

あなたも好きかも:ノルン スロット プラザ
 魔族は己の内に刻まれた、最も大きな恐怖と向き合わなければならない

あたしが恐怖したのは身内の嘘、嘘によって捻じ曲げられた真実

 こんなところまで凡人なのかと、思わず呆れてしまった

あなたも好きかも:カジノ 経済成長
『赤子の頃、烏に拐われそうになったそうなんですよ

あなたも好きかも:リッジレーサー パチスロ
なんとなく苦手ではあったけど、しっかりと体には恐怖が刻まれていたんですね』 もはや変化を止められない

メラビスはやがて自我を失い怪物と成る

なのに、メラビスはヘラヘラと笑い続けていた

『ラザリカタ様、きっと俺は貴方を忘れてしまいます

でもただの怪物になった方が、余計なことをせずに済むかと思うんですよ

だから、俺が怪物になったら俺を好きに使ってください』 あたしは最後までメラビスを罵倒した

最後まであたしに付き従うんじゃなかったのか、こんな時に貴方だけが先に壊れるなんて、どこまで無能なんだと

 どうして、そこまであたしの側に居続けようとするのか、と