戦国 パチンコ 199

戦国 パチンコ 199

ニナはやはり、ドルカの隣に座っている

エインは、なぜかセツナの隣の席を真っ先に占拠したため、ルウファはファリアの横に座っている

いつもならセツナの両隣がふたりの定位置だったのだが

あなたも好きかも:パチンコ 隣 消費者金融
 ルウファがセツナの隣を遠慮したのは、立場上というよりは別の気遣いからかも知れない

「あのときのセツナ様、かっこよかったなあ」 うっとりとさっきの話を続けるエインに、セツナは唖然としたものの、いつのことなのかは気になった

あなたも好きかも:パチスロ せみ 解析
聞くところによると、ドルカとも戦いそうになったことがあるらしいのだが、それはバルサー平原での話だった

セツナの初陣であり、黒き矛が本領を発揮した戦闘でもあった

あなたも好きかも:萱島 パチンコ 清掃
あれから既に二ヶ月が経過しているらしい

「将軍が降伏を決断しなかったら、俺、死んでたんですよねえ」「将軍ってアスタル将軍?」「はい! セツナ様がログナー軍の本陣に突撃してきたあのとき、俺、あの場にいたんですよ!」 目を輝かせるエインの言葉で、セツナは、彼がいつのことを指しているのかがわかった

ログナー攻略戦のときの話だろう

あの戦いの終盤、セツナは戦争を早期に終結させるため、敵軍総大将へと迫った

そのとき、アスタル=ラナディースの近辺を守っていた兵士の中に彼がいたということに違いない

確かに、アスタルが降参しなければ、彼もセツナによって殺されていたかもしれない

 しかし、仲間が次々と殺されていくのを見届けながら、かっこいいなどと思うのはどうなのだろう