パチンコ 絵

パチンコ 絵

「——アギト、動かないで! 一回その人降ろして、しゃがんでなさい!」「っ! わ、分かった!」 逃げろ——では無く、動くな……か

じゃあ、僕の感覚は間違ってないのか……? ミラもコイツをかなりヤバいもんだと認識してる

防御と観察に徹底するつもりだろう、構えが普段よりもずっとずっと低く、スタンスも広い

そして、圧倒的に集中力が高い

あなたも好きかも:パチンコ クラブハウス本店
周囲への警戒を全てやめて、目の前の敵一体だけに意識を向けているみたいだ

「——ミラ=ハークス、ふたりを頼む

己《おれ》は————」 その人は笑っていた——

あまりに異質、あまりに異様

何も分からない、情報は無い

あなたも好きかも:3d スロット
そして、理解もし得ない

そんな未知の強敵を前に——強敵であることだけが分かっている壁を前に、その人は笑うのだ

それが超えら得ぬ壁であるなどとは考えず、乗り越えれば更なる高みに届くのだ、と

そう言わんばかりに————“かつて”その人は笑っていた筈なのだ————「——フリードさん——」 雄叫びも咆哮も上げず、フリードさんは全身全霊でソレに突進して行った

あなたも好きかも:番長2 パチンコ 設定
その顔に笑みなど無く、高揚感や自己陶酔も見当たらない

それ程までに恐ろしい敵である——と、短絡的に考えて良いのか——? もしかして、これが——————熱源の接近を感知————

と、それは何かに報告する様に音声を流した

間違いない、コイツも機械人形だ

なのに……なんだ、この出来の良さは