パチンコライター はっち 引退

パチンコライター はっち 引退

ディオニュソスが戻って来るよりも前に片付けたいところだが……」「それも難しそうだな」 樹の巨人をどうするか

そう考えているうちに山を崩したディオニュソスが戻って来る

それもそうだろう

先程の速度なら数十キロを数秒で進める

なので戻るのも速いのだ

 エマとフォンセは改めてディオニュソスと樹の巨人に向き直り、相手の出方を窺《うかが》う

しかし全力で行くと告げたディオニュソスは即座に行動へと移り、エマとフォンセ目掛けて一気に肉迫した

『ハァ!』「仕方無い

受け止めるか」「ああ

あなたも好きかも:パチンコ屋 店休日 次の日
"風の緩衝材(ウィンド・クッション)"!」 エマが手に風を込め、フォンセが風魔術の緩衝材を作り出す

あなたも好きかも:ぱちんこ 漫画
第三宇宙速度で進んでいたディオニュソスだがそれに受け止められ、勢いが殺されて停止する

即座に腕を振り上げて爪を下ろし、それはエマが腕を掴んで受け止めた

それと同時にフォンセへ指示を出す

「今だフォンセ! 巨人の兵士を焼き払え!」「分かっている! "終わりの炎(ラスト・ファイア)"!」 その指示に従い、禁断の魔術を用《もち》いて樹の巨人を焼き払う

刹那にエマはディオニュソスの懐へ手を伸ばし、雷を纏った

「近距離の電力は痛いぞ