聖闘士星矢 スロット フェニックスモード

聖闘士星矢 スロット フェニックスモード

三倍もの人数で攻めたにもかかわらずその人数差を覆されてしまった魔術師たちは軽く絶望してしまっている

戦闘能力が突出した魔術師に対して、汎用性の高さを求められた一般的な魔術師が挑めばどのような結果になるのか、それが今の現状だった

だがこのような状況でもまだあきらめていないのか、魔術師たちは戦う姿勢を見せ続けている

そんな姿勢を見せられれば康太たちとしても戦うしかない

得られる情報は多いに越したことはない

得られる捕虜は多ければ多いほど情報のすり合わせが容易になるのだ

康太は意気込んで戦いを再開しようとするが、その中で文があることに気付く

「ビー、トゥトゥ・・・やっぱりというかなんというか・・・援軍よ」文の索敵に引っかかった人影、魔力を持ったその存在を感知したことで文は緩みかけていた感情を引き締めていた

あなたも好きかも:スロット レバーオン
「やっぱりか・・・人数は?」「四、方角は一つ、こっちにまっすぐ来てるわ」「・・・本部の可能性は?」「ないとは言い切れないけど・・・このタイミングよ?」本部の人間がやってきた可能性も否定はし切れないが、敵をもう少しで倒せるというタイミングでやってきた魔術師

敵の可能性が濃厚である以上康太たちは目の前の敵を早々に倒したほうがいいという結論に至っていた

あなたも好きかも:花火 スロット 遅れ
康太は槍を構え、文は電撃を、倉敷は水を作り出して目の前にいる三人の魔術師に一斉に攻撃を仕掛ける

援軍が到達する前に倒さなければ面倒なことになる

そのことを理解している三人は一斉に攻撃した

日曜日なので二回分投稿これからもお楽しみいただければ幸いです

文がこちらにやってきている四人を援軍だと判断した理由は二つある

まず第一に四人の魔術師がこちらの索敵範囲に引っかかってから数秒後、おそらくは残った三人の魔術師の索敵範囲にも入ったか、あるいは何かの連絡を受けたのか、三人の戦闘意欲が急に上がったように感じられたのだ