新潟県 パチンコ 取材

新潟県 パチンコ 取材

 その物語の一日目は、何一つ失敗のない始まりだった

 一日目は、まだ僕たち四人は――

異世界の物語が始まってから――数日

 僕と陽滝は、少しずつ新たな環境に慣れ始めていた

 正直、元の世界と比べると文化レベルの低い世界だ

あなたも好きかも:ぱちんこ ビワコ
 城内に用意された上等な部屋で生活していても、現代人的な不満が度々出る

水を初めとした食事関連に、衛生観念や慣習

あなたも好きかも:スロット 攻殻機動隊2 スーパービック
例を挙げればキリがない

 それでも、前にいた世界より、ずっと世界は明るかった

 いつ家族を失い、独りぼっちになるかわからないという恐怖がない

あなたも好きかも:スロット マガジン
陽滝と一緒ならば、太陽が暗雲に遮られていても天国だ

 もし異世界に一人だけで召喚されていたら、きっと僕は不安で発狂していたことだろう

下手をすれば、熱いシャワーを浴びれないというだけで癇癪を起こしていた可能性すらある

 そんな冗談を思い浮かべられるほど、僕には異世界での生活に余裕があった

 ――その余裕の中、僕の新たな一日が始まる

 目覚めたのはフーズヤーズ城の一室

 広さは十畳くらいで、天井が異様に高い造り

床には無地の絨毯が敷き詰められ、その上にはベッドやテーブルといった最低限の家具が置かれている

広さの割りに物の少ない部屋だ