大阪 パチンコ 旧イベント日

大阪 パチンコ 旧イベント日

 誰も待ち受けていないようだ

―――――――― 先ほどと同じ場面です

 今回主人公は「石」「草深い森」「背の高い草や木の枝」「洞穴」「斜面」の順番で描いてあります

 同じ場面のはずですが、書かれた順番を変えただけでこうも文章が変わってしまうのです

あなたも好きかも:ゲーム機 シルエット
 これが「主人公が認識した順番」の違いになります

あなたも好きかも:天元突破グレンラガン スロット 朝一
 地の文を書くには、ある程度「順番」を考えましょう

 右から順番に、左から順番に、上から順番に、下から順番に、手前から順番に、奥から順番に、過去から順番に

あなたも好きかも:パチンコ まどマギ 裏
 順番に書くだけで読み手はすぐ順番を把握して、イメージが湧きやすくなります

 これは「読み手にやさしい書き順」です

視線誘導するのが地の文の役目 このように「読み手の視線を誘導する」のが地の文の役目です

 イラストであれば空間のどこにどのくらいの大きさのものを描くかで見せなければなりません

 マンガならコマ割りを工夫してわかりやすくする必要があります

 絵で「読み手の視線を誘導する」ことはとても難しいのです

 しかし小説は「書いた順番」がそのまま「視線誘導」になります

 読み手は「読んだものから順に」存在を認識していきます

 逆に言えば「書かれていないことは存在を認識しない」のです

「存在を認識していない」ことを利用して読み手の死角から突如お化けが現れたらどうでしょうか

 まったく意識していなかったわけですから、きっとびっくりしますよね

 小説でこれをやろうとすれば、たいていの場合不評を買います