パチンコ クイーン2

パチンコ クイーン2

あなたも好きかも:beebet カジノ
「しかし、ピジョン曹長

あなたも好きかも:パチンコ 負け 報告
確かにポスターの役者さんも素敵だと思いますが、軍の中にもそれなりに見栄えのある人達がいると思うのですが」ロマサ・ピジョンは苦笑いしながらアルセンに尋ねた

「では、パドリック中将はモデルになっていただけますか?」「すみませんが、私は若い頃に人生において2度とモデルはしないと、大地の女神に誓っておりますので

あなたも好きかも:パチンコ マーケティング
なる程、そういう事ですか」アルセンは本日二度目の「なる程」を口ずさみ、ピジョン曹長に釣られて、綺麗な顔を苦笑させた

「最初にめぼしい方に声をかけて断られました

次にアンケートを取ってみても、推薦されるのは声をかけた方だったり、高官過ぎてこちらから声をかけられなかったりで…」「で、無難な役者さんに落ち着いたわけですか」(リコさんやライさんがモデルなのを、少し見てみたかったですね)最近縁が出来た、可愛らしい軍属の御婦人達を思い出しながらアルセンは、ポスターを再びクルクルと丁寧に丸めた

そうすると下から、先程の報告書が目に入る

「私は、このポスターで承認します

ところで話は変わるんですが、ピジョン曹長は、ロブロウという領地をご存知ですか?」アルセンがポスター承認のサインを書類に記しながら、尋ねてみる

「ロブロウ?確か西方の領地ですよね

何か有名な地元料理があったと記憶していますが」ポスターと承認の書類を受け取りながら、答えた

「下世話な話なんですが、風評とか聞いた事ありますか?」このアルセンの質問に、ピジョンは首を捻った

「自分は東方の出身ですから、申し訳ないですが、そちらの方は詳しくありません

ただ、どこにいっても地方独特な事は、あると思いますよ」ピジョ ンの答えは、アルセンにとって納得出来るもので、黙って頷いた

それからピジョン曹長は、まだまだ"承認のサインの行脚"があるらしく、それでは、と短く礼をしてアルセンの執務室を出て行った

扉の閉まる音を聞いてから、アルセンは再び報告書に目を向ける

 「貴族の処刑、ですか」アルセン自身も貴族であるが、ここ10数年、自国を含めて"表面上"では治安は落ち着いたもので、処刑などという物騒な話は聞かない

もちろん罪人を裁き、償わせる施設も王都から離れた場所にしっかり建設されてあるが、貴族の収監の話はまだ耳にしていない

(いや、私が知らないだけかもしれませんね)「百聞は一見に如かず、といいますが、先ずは私なりに調べてみますかね」そう呟き、机の上を手早く片付け、報告書を畳み自分の軍服の懐にしまい、執務室の安置場所にある愛用の細剣を帯剣して、扉も鍵をかけて部屋を出る