エハラマサヒロ スロット

エハラマサヒロ スロット

男性であるフランではついてこられないところまで、ロジーナはついてくることができるし、貴族令嬢の側仕えをもう何年も経験しているからだ

 4の鐘が鳴った後、執務のお手伝いを終えたわたしはギルと一緒に一度部屋に戻った

 デリアの手によって、軽く身だしなみを整えた後、大きいフェシュピールを抱えたロジーナとカトラリーと小さなフェシュピールを持ったフランを連れて出陣である

あなたも好きかも:パチンコ ルパン 寝台
 一応課題曲は弾けるようになったけれど、緊張してすでに手が震えているわたしと違って、神官長の部屋で食事中にフェシュピールを弾くようにと要望を受けているロジーナは涼しい顔をしている

「……ロジーナは緊張しないのでしょうか?」「しております

胸の辺りがざわめき、とても落ち着かない心地ですわ」 にっこりと柔らかな微笑みを見せながら言われても、全く信用できない

けれど、ロジーナの笑顔は貴族の令嬢と同じ武装だ

自分の身を守り、相手に隙を見せないための

「ちっともそうは見えませんけれど……わたくしも見せないようにしなければならないのですね?」「えぇ、笑顔で余裕があるように見せるのですよ」 神官長の部屋へ着くと、数人の灰色神官により家具の配置が変えられ、昼食の準備が始められていた

あなたも好きかも:月子 ブラックジャック
無駄のない動きでテキパキと働く神官長の側仕えを視界の端に留めながら、わたしは招待してくれた神官長に貴族の挨拶をする

 フランによって叩きこまれた挨拶文とロジーナによって叩きこまれた優雅なお辞儀である

 フランとロジーナが二人がかりで考えた挨拶は、神々の名前から始まり、招待を受けたことをいかに栄誉に思っているか詩的に表現したもので、かなり長い

その挨拶を片膝を立てて跪き、両手を胸の前で交差した体勢を崩すことなく、言い切らなければならない

あなたも好きかも:ちゃま スロット 天井
そこに優雅さを求められれば、筋力がないわたしには苦行でしかなかった

 挨拶文の暗記に付き合わされたルッツもげんなりしていた

「面倒くせぇな