設定狙い スロット

設定狙い スロット

さすが私の孫娘!」「おじい様、私も優秀者に選ばれたのですが」「おぉ、コルネリウスもか

私の孫は優秀だな

素晴らしい

そぉい!」 掛け声とともに、おじい様はコルネリウス兄様を団体の中からガシッとつかんで両脇に手を入れて抱き上げるとブンと振り回して高く放り上げる

「うわっ!?」 ……成人に近いコルネリウス兄様を放り上げられるおじい様の筋肉って、すごい

 ほへーっと感心しながら見ていたら、わたしの両脇に大きな手が入ってくる

「次はローゼマインだ

あなたも好きかも:ベルガラック カジノ いつから
ほれ、高い高い!」「おじい様、危ないっ!」 着地したコルネリウス兄様がすぐさまわたしに向かって飛び上りながら制止の声をかけるが、もう遅い

わたしはすでに放り投げられていた

 成人が近くて、上背も体重も成長中のコルネリウス兄様と洗礼式が終わったくらいの子供体型であるわたしでは全く重さが違い、投げられた時の勢いが違う

あなたも好きかも:スロット コナミ
「ひゃあああああっ!」「うわぁっ!」 おじい様の焦ったような声が上がったのは、わたしが天井にぶつかる寸前だ

あなたも好きかも:足立 パチンコ 屋
 危ないと声を上げた時にはすでに身体強化を使って飛び上っていたらしいコルネリウス兄様がマントを引っつかんで、引っ張ってくれる

天井にぶつかるのは何とか回避できたが、一瞬首が締められた感じで「けふっ」と苦痛の声が漏れた