テーブルゲーム switch

テーブルゲーム switch

もしも私に罰を与えていただけるのなら、謹んでお受けいたします」「………………分かった

じゃあ最後に、ひとつだけ答えて貰いたい」 最後という言葉に少女の表情は一層険しくなった

無理も無い

自らの過ちを口にするというのも、簡単な様で簡単で無い

開き直るのでは無くキチンと向き合って、その上で主観では無く客観的に判断しなければならない

そういう答えしか許さないつもりだったし、彼女もそうでなくてはならないと分かっていた筈だ

さあ、最後の質問だ

あなたも好きかも:オンラインゲーム pop
「——ミラちゃん

この先何かあった時、君はお姉さんとアギト……過去と現在のどちらを取るのかな」「……っ! そんなのアギトに決まっています! アギトを、マーリン様を……っ! こんな私にこんなにも良くしてくれるふたりを差し置いてまで守るものなんて私には——」——ならば何故あの本を盗った

あなたも好きかも:スロット 新台導入日
肩口から胸にかけてを叩き斬る様に、僕は彼女に問いを吐きつけた

そうだ、この子はそんなのとっくに理解している

理解した上で目を背けてきた

だからこそアギトの依存を求める

自分が捨てられない為に、不要だと見限られない為に

自らの価値を彼の中で大きく育てることばかりに邁進してきた

目を見開いたまま、ミラちゃんは何も声を発するで無く僕を見つめていた