パチスロ ささみ

パチスロ ささみ

一体何をするつもりなのか、どのように進めるのか、ご説明ください」「え? でも、ここに書いてありますよね?」 わたしは冬の予定表をピロンと取り出して、フランに見えるように渡す

フランは軽く目を伏せて、「それが神殿教室ですか」と呟いた

どうやら子供達への教育では通じていなかったようだ

フランはトゥーリの裁縫教室や冬の手仕事のやり方を教えることが子供達への教育だと思っていたらしい

「孤児院の子供に字を教えるって言ってもさ、マイン様に贈られたカルタと絵本である程度読めるんじゃねぇ?」 ギルが首を傾げ、わたしは、うっ、と言葉に詰まる

「か、書くこともできるようになってほしいのです

あなたも好きかも:パチンコ やすだ 八潮 店
読み書きができれば、側仕えになった時や貴族の家に下働きに行く時にも仕事がしやすいのでしょう?」「そうですね」「それに、数を数えて計算できるようになれば、工房や孤児院の管理を自分達でできるようになりますよね? 知らないより知っていた方がいいと思うのです」 ギルが昨日書いていた工房の管理の話をすると、ギルは納得して頷く

まだ大きな数が読めないようで、灰色神官に手伝ってもらいながら報告書を書いているらしい

「マイン様、その神殿教室は一体どこで行うつもりですか?」「男女ともにいられるのが、食堂しかないのですもの

食堂で行います

わたくし、教師役をやりますね」「教えるのは読み書きができる灰色神官にさせてください

マイン様がそのような事をしてはなりません」 フランとロジーナが揃って却下した

あなたも好きかも:スロット やめるとき
わたしはやはり表に出てはならないらしい

 結局、授業の進行表のようなものを作成して、わたしがまず自室でデリアに先生役をする

それを見て、フランとロジーナが食堂で先生役をする

 元側仕えの灰色神官達も教師役に巻き込み、フランとロジーナは適当なところで教師役を辞める、という流れで神殿教室を開くことになった

 ……むーん、せっかく褒められたんだから、先生をやりたかったな