バクサイ パチンコ

バクサイ パチンコ

だが"基礎"の部分しか教わっていない為、練習はすぐに終わってしまう

あなたも好きかも:スロット 北斗の拳 リール配列
それでも、愚直に、それしか分からないアプリコットは、そればかりやっていた

あなたも好きかも:パチスロ 勝てないように出来てる
幼いながらも、体を動かし心を空っぽにしていないと、領主邸に渦巻く"悪意無き悪意"に心を乱すのも嫌だったから

遠くに聞こえる雷の音にも関わらず、昨日少女は教えて貰った、演武を始めようと構えた時

『基礎ばかり、熱心だな

感心な事だ』ふと気がつくと、河原のすぐ上の街道に、アプリコットが見たことがない人物が立っていた

"旅人"と思ったのは、コートを纏っていた

男にしては少し長い黒髪で左目に眼帯をした、まだ少年から青年になりかけたような人が、ニカッと丈夫そうな歯を見せて笑っていた

それから、河原の方へと身軽く飛び降りてくる

あなたも好きかも:パチンコ 献金 政治家
『私は、これしか知りませんから』産まれてから、数えるくらいしか褒められた事のない幼女は顔を紅くして俯き、渓流に視線を移していた

『いや、基礎は大事だぞ

俺は基礎ばかりを究めて、結構凄い奴になりそうな奴を知っている』そう言って豪胆に笑う人物に、少女はまだ顔を紅くしていた

この領地でアプリコットに笑いかけてくれるのは、祖父と執事のロックぐらい

何より"子ども"の部分が残っている人では、旅人のお兄さんが初めてだったから

後は皆、大人にしろ子どもにしろ派閥争いの火の粉を避けるようにビネガー家の末娘に接していた

"旅人"は名乗る事はなかったが、幼いアプリコットは自然と打ち解けていた