龍が如く極 カジノ 換金

龍が如く極 カジノ 換金

あなたも好きかも:パチンコ テレビゲーム
ラウラにしては手が小さいなと思いながら振り向くと、無表情のまま頬を膨らませたステラが、俺の顔を見上げていた

「お腹が空きました」「ああ、ご飯の時間だな」「はい

今日はいっぱいもらいますからね」 まだ根に持ってたのか………

 ステラはガトリング機関砲のGSh-6-30をかなり気に入っているらしく、先ほどクガルプール要塞を通過する際に強引に装備から解除した時は不機嫌そうにしていた

きっと彼女は、いつもよりも多めに魔力を吸わせなければ許してくれないだろう

 いつもならばラウラが不機嫌そうにするか、虚ろな目でステラに襲い掛かろうとするんだが―――――――洞窟の中を見渡した俺は、既にステラの髪に絡み付かれ、鎮圧されている姉の姿を見て安心してしまった

 自由に伸ばす事の出来るステラの髪に手足を縛られ、大きなおっぱいを撫で回されているラウラ

あなたも好きかも:パチスロ 修羅の刻 事故
顔を真っ赤にしてプルプルと震える彼女の傍らでは、カノンが「お姉様ぁ………!」と言いながらラウラを見守っている

 これからお仕置きをするのに俺がラウラを見ていることが気に入らなかったのか、ステラは小さな頬を膨らませると、壁に寄りかかりながら座っている俺の上に乗り、顔を近づけてきた

「今からタクヤのお仕置きをするのです

ラウラを見ている場合ではありません」「ご、ごめん」 謝ると、ため息をついたステラが少しだけ微笑んだ

あなたも好きかも:パチンコ 専業 終わり
彼女が表情を変えるのは珍しいから、もっと彼女の可愛らしい微笑を眺めていたかったんだけど、すぐに彼女はまた顔を近づけてきて―――――――いつものように俺の唇を奪った

 彼女の舌に触れれば魔力が吸収されてしまうというのに、俺は彼女と舌を絡ませ続けた

主食である魔力を吸収するステラの頬が赤くなり始め、小さな手が首の後ろをぎゅっと掴んでくる

彼女が吸収した魔力を飲み込む音を聞きながら力を抜くと、ステラはゆっくりと唇を離し、うっとりしながら小さな指で自分の唇に触れる

 いつもならこれで終わる筈なんだけど、今回の食事は俺のお仕置きも兼ねているという