はっとりくん パチンコ

はっとりくん パチンコ

どんな実験でもできるからここにいるのだ」 するとクルシアはニンマリと意地悪そうな笑みを浮かべる

「ホント、ドクターって研究者って感じだよねぇ〜」「フン、むしろこれくらいやれなければ研究者と認めん

可能性の追求は常に犠牲の上に成り立つ

命の一つや二つにいちいち気をやっているやつは、成果など出せんよ」「ボクが言うのもアレだけどさ、狂ってるよね」 馬鹿馬鹿しいと鼻で笑うと、資料に目を通しながら、自分の研究者像を語る

「お前もよく言っているだろ? 人間、狂っているのが普通だ

あなたも好きかも:パチスロ g1 優駿倶楽部 2
他人の犠牲の上に成り立っているという自覚があるなら、そもそも人同士で殺し合ったり、罵(ののし)り合うような歴史が築かれることなどない

自分にとって都合の良い解釈をするのが人間だ

それを狂っていると捉えることができないから、狂っているのだ」「まあね」「動物どころか魔物ですら同族を殺したり、欺(あざむ)き合うようなことなどほとんどしないのだ、なまじ知性と理性があるのも考えものだ

そもそも犠牲を作れない研究者に未来はない

進化には必ず犠牲は出る

俺から言わせてもらえば偽善者でいる限りは降りろという話だ

人間性や常識を捨てるところから始めて欲しい……」「そういう意味では、ゲテモノババアを認めてるの?」「――しつこい! あのババアは認めん