牙狼 スロット 天井 恩恵

牙狼 スロット 天井 恩恵

現存します

)に待避しました

すると大尉たちは後退中の仏軍砲兵小隊(2門)と邂逅し、同時に後退中の仏軍歩兵から猛烈な銃撃を浴びますが、その1門を奪取する事に成功するのでした

 完全な仏軍の後退局面となると、アルトネ市街を確保したB第1旅団の歩兵たちも午後3時過ぎにはアルトネを発して仏軍の追撃に入ります

しかし、この時には既に仏軍はアルトネの南部拠点から全て逃走した後で、仏軍の後ろ姿すら見ることはありませんでした

あなたも好きかも:パチンコ オメガ 八戸
 その東側を進んだ3個大隊のみのB第2旅団は、更に先へと進みラ・クロワ・ブリケ(アルトネの南3.4キロ)に至ります

するとこの部落には殆ど戦意を喪失した600名ほどの仏兵がおり、短時間勢いのない抵抗を示した後、その全員が手を挙げたのでした

 敗送兵追撃が一段落すると、後方から進んだB第3旅団はラ・クロワ・ブリケで捕虜を監視していたB第2旅団と合流します

 B第4旅団は午後4時頃にアルトネ西郊のオートロッシュに到着し、小休止の後クルジーの家に進みました

あなたも好きかも:東洋観光グループ パチンコ
 B第1旅団はアルトネ南方に置かれていた仏軍の陣地に駐留しています

 B軍と普軍の諸砲兵は、クルジーとラ・クロワ・ブリケの南側に11個中隊で大砲列を敷き、その左翼端はパリ~オルレアン鉄道を越えて東側に延びていました

※午後2時~3時過ぎにおけるB軍諸砲兵中隊 右翼(「クルジーの家」南西郊外)から順に東へ・普砲兵第11連隊/騎砲兵第2中隊・B砲兵第3連隊/騎砲兵第1中隊・B砲兵第3連隊/騎砲兵第2中隊・B砲兵第3連隊/6ポンド砲第6中隊・B砲兵第3連隊/6ポンド砲第5中隊・B砲兵第1連隊/6ポンド砲第8中隊・B砲兵第3連隊/6ポンド砲第4中隊・B砲兵第1連隊/6ポンド砲第5中隊・B砲兵第1連隊/6ポンド砲第7中隊◯「ボーヴェの家」付近・B砲兵第1連隊/4ポンド砲第2中隊・B砲兵第1連隊/6ポンド砲第6中隊◯後方待機・B砲兵第1連隊/4ポンド砲第1中隊・B砲兵第1連隊/4ポンド砲第3中隊・B砲兵第1連隊/4ポンド砲第4中隊・B砲兵第3連隊/6ポンド砲第3中隊 フォン・デア・タン兵団がアルトネの南側へ進み、砲兵がその威容を見せると、一旦はシュヴィイ南方に踏み止まっていた仏軍後衛もオルレアンの森へ逃げて行ったのでした

あなたも好きかも:thinkpad x250 スロット
フォン・デア・タン将軍はこれで追撃中止を命じたのです

 「アルトネの戦い」では、独フォン・デア・タン兵団が歩兵21,500名・騎兵6,700名・砲80門前後で戦い、仏軍は総計15,000から最大でも20,000名と伝えられます

 この戦いにおける独軍の損害は、以下の通りです

◯バイエルン第1軍団  戦死 士官1名・下士官兵32名・馬匹12頭 負傷 士官4名・下士官兵157名・馬匹26頭 行方不明 下士官兵1名・馬匹2頭◯普騎兵第2師団  戦死 士官1名・馬匹12頭 負傷 下士官兵5名・馬匹17頭 行方不明 馬匹1頭◯普騎兵第2師団  戦死 士官1名・馬匹12頭 負傷 下士官兵5名・馬匹17頭 行方不明 馬匹1頭◯普騎兵第4師団  戦死 下士官兵5名・馬匹8頭 負傷 下士官兵13名・馬匹32頭 行方不明 下士官兵5名・馬匹9頭総計 戦死 39名 負傷 179名 行方不明6名 仏軍の損害は死傷者・捕虜を併せ900名前後と言われていますが、独の公式戦史に従えばその殆どが捕虜となってしまう計算ですので、これは捕虜のみの数字で、死傷者を加えれば実際はもっと多いものと思われます

 10日夜

独軍は戦闘終了時の位置に前哨を置き、以下の各地で宿野営しました

◯B第1旅団 アルトネ市街◯B第2旅団 ラ・クロワ・ブリケとその周辺◯B第3旅団 ラ・クロワ・ブリケ