天皇 パチンコ 狙撃

天皇 パチンコ 狙撃

※この時期は主人公は割と容赦がない

ある意味新しい環境で落ち着かない精神状態である故か

もっとも後々に落ち着くと言われればそんなこともない

※人を食らい知識を得るには頭部、脳を暴食で喰らう必要性がある

腕や足など他の部分を食らっても知識を得ることはできない

魂など存在に関わる部分ならば例外的に得られるかもしれないが基本的には頭部でなければならない

わいわい、ざわざわと、外の音が聞こえる

あなたも好きかも:パチンコ 溝の口 ニューパレス
私は力を封じる手枷を填められて檻に閉じ込められている

檻は小さい

この小さな体ですら自由に動かせないようなとても小さい檻だ

あなたも好きかも:パチスロ 4月
妖精である私を閉じ込める檻

手枷と一緒に力を封じ、私が彼らに危害を加えることを封じている

 ああ、なんで私は彼らに捕まっているんだろう

ただふわふわ、ゆらゆらとそのあたりを漂い遊んでいただけなのに

人間が私たち妖精を捕まえ、好事家に売ろうとすることがあるのは一応知らないわけではないけれど、でも私がそんなことになるなんて思わなかった

妖精としては見た目だけなら人間に近しい、人間の基準でかわいいことは知っていた、知っていたけど、こんな私のような妖精を捕まえ売ろうとするなんて思いもよらなかった

 私はちょっと妖精の中でも特殊だ