ピンク ぺっこん

ピンク ぺっこん

あなたも好きかも:どうぶつの森 パチンコ屋
先を行くルッツの助言は聞いておいた方が良いだろう

「マルクさんと旦那様にも相談してみるけど、カミルなら多分大丈夫だろう」「本当に!?」 ルッツは笑いながら頷いた

「春になったら店が忙しくなるし、次はキルンベルガへ移動することが決まっているから難しいけど、冬の間は余裕があるんだ

オレは未成年で城に上がることはできないからな」 冬の終わりになると、お城に本を売りに行くので旦那様や他のダプラ達はとても大変らしい

けれど、ルッツの仕事は城に持って行くための本や教材をローゼマイン工房で揃えた時点で終了なのだそうだ

「カミルも言葉遣い、姿勢、立ち居振る舞いから練習が必要だもんな」 自分が覚えなければならないことを示されると、自分の将来に向けた道が大きく開けたのがわかって、オレはすごく嬉しくなってきた

「ちゃんとおじさんやおばさんと話をして許可を取れよ

教育はそれからだ」 親の応援がないと厳しいからな、とルッツは何かを思い出すように目を細める

でも、大丈夫だ

父さんも母さんも話せばきっとわかってくれる

「ルッツ、オレ、頑張るから」「おぅ、頑張れ」 そう言った時、ボスッと雪の上にパルゥが落ちる音がした

ディルクとコンラートもそうだけど、孤児院の新入りの子供達はオレ達に比べると異様にパルゥを落とすのが早い

あなたも好きかも:パチスロ 甘い 台
「なんであんなに早いんだろうね?」「さぁな

あなたも好きかも:ギルティクラウン スロット 撤去
ほら、あっち

ギュンターおじさんが手を振ってるぞ

カミル、交代だ」「うん!」 オレは父さんと交代するためにパルゥの木に登っていく

「もうちょっとだ