インディジョーズ2 スロット

インディジョーズ2 スロット

」徐々に形を変えたことで水晶玉からビー玉になった原始の瞳なのですが

小さくなるほどに異様な雰囲気が漂い始めたような気がします

…これでは別物ですよね

総魔さんの魔力が止まると同時に、神々しいほどの神聖な輝きを放つ不思議な『宝玉』に生まれ変わったからです

…あれ?…宝玉?自然と思い浮かんだ言葉に違和感を感じたことで改めて原始の瞳を見詰めてみると

あなたも好きかも:麻雀ゲーム 人口
ようやく私も何が起きているのかが分かってしまいました

あなたも好きかも:スロット 北斗 転生 やめどき
「ちょっ!?そ、それって、もしかして!?」…やっぱり、そういうことですよね

今まで静かに様子を見ていた栗原さんまで慌てた様子で総魔さんに駆け寄って、生まれ変わったばかりの小さな宝玉をつかみ取ってしまいました

あなたも好きかも:北斗の拳 パチスロ ゲーム
「う、嘘でしょ!?こ、これって…っ!!」………

驚き戸惑う栗原さんが何を言おうとしているのかは聞かなくても分かります

「秘宝…

」「…って、言うことよね?」「まさか封印が解かれるとはな…

」呟いた私の声に頷く栗原さんが光り輝く秘宝を見詰め続ける中で、ずっと黙り込んでいた米倉さんが再び総魔さんに視線を戻しました

秘宝【原始の瞳】私や栗原さんも気付かなかった事実に総魔さんだけが気付いていていたことに少なからず驚きを感じてしまうのですが、今は私達以上に米倉さんも驚いているようでした

「何故だ?何故、気付いた!?」…ですよね

これまで誰も気付かずにいた真実にどうしてたどり着いたのでしょうか?私も知りたいと思う疑問に、総魔さんは堂々とした態度で答えてくれました

「俺は今までずっと秘宝という存在を知らなかった

父から聞いていなかったということもあるが、そういう存在があること自体何も知らなかったからな