神田 パチンコ屋

神田 パチンコ屋

だから、というわけではないが、セツナは、彼女の目を見つめたまま、うなずいた

あなたも好きかも:ビッグドリーム パチンコ 評価
「ああ、わかっているよ、白毛九尾」「その言葉、信じておる

ではな」 そういうが早いか、白毛九尾の全身が淡い光を帯びたかと想うと、虚空に溶けて消えた

余韻さえ残さないほどの早業だった

それでもセツナもシーラも、しばらく虚空を見つめ続けた

あなたも好きかも:イニシャルd スロット 須藤
白毛九尾の加護あってこその今現在であることは、明白だ

「……俺にできることならなんだってするさ

それが俺の望みだからな」 周囲のひとたちには、自分に関わるひとたちには幸せになってもらいたい

あなたも好きかも:調布 スロット タワー
それがせめてもの恩返しであり、セツナの心からの願いだ

それは、変わらない

「二年だ」 セツナは、白毛九尾の消え去った虚空からシーラに視線を戻して、告げた

「二年以上も、待たせた」「二年以上……か

俺の実感としては、そんなに経ってないんだけどな」「済まなかった」「だから、なんでそう謝るんだよ

セツナが悪いことなんてひとつもないだろ」「そんなことは……」「あるよ」 シーラの青い虹彩は、いつも以上に輝いてみえた

それはきっと、間違いなくこの純白の世界の輝きに照らされているからなのだが、シーラ自身の生命力そのもののように感じもした