スロット エンジェルビーツ

スロット エンジェルビーツ

 ホッと安堵の息を吐く

あなたも好きかも:まどかマギカ やめどき パチンコ
これで少なくとも食べられる物がなくて、飢え死にするような事態だけは回避できたようだ

 3の鐘が鳴り響いた

あなたも好きかも:パチンコ 新台 入れ替え
 鐘の音にビクッとなった赤子だったが、すぐに食欲を優先させる

「フラン、神官長のところへ行きましょう

ダームエル様、お願いいたします」 二人と一緒にやや早足で神官長のもとへと向かった

カミルが生まれて、お姉ちゃん意識が高まっているせいだろうか、早急にあの子の環境を整えなければ、と気が急いてしまう

あなたも好きかも:パチンコ 深夜清掃
「神官長、お話がございます」 わたしは神官長に面会し、赤子が捨てられていたことを告げた

孤児院に子供が増えた時の手続きについて質問し、どのように面倒を見れば良いのか、相談する

「どのように? 今まで通りで良かろう?」「子を成して、育てていた灰色巫女がいないから、相談しているのですけれど?」 わたしの言葉を聞いて、神官長はハッとしたように目を見張った

「そうだったな

だが、いないものはどうしようもない

乳母でも雇うか? 残念ながら、私には子育ての経験がない」「乳母って、雇えるのですか?」 それができるとずいぶん楽になるのではないか、とわたしが目を輝かせると、神官長は緩く首を振った

「……孤児院に来たがる奇特な者が見つかれば、の話だ」「それは難しそうですね」 孤児院へ来てくれるような奇特な者がいるとは思えない

わたしは無理そうだと結論付ける

ひとまず、わたしの側仕えで何とかするしかないということだろう