絶対衝撃3 スロット 継続率

絶対衝撃3 スロット 継続率

先程出てきた黒い靄は、確実に"力の無い存在"から貶(おとし)めるのが、力の象徴をする剣を手にするこで判ったと―――項垂れながら、匣に関して"全てが終わった後"高所の館において、星の天使は話してくれた

あなたも好きかも:パチンコ アナザーゴッドハーデス 199
――――父上の目の前で"僕"が持っていた匣を、女神が開けてしまった

―――幾ら、厄災が入っているから閉めろといっても、その匣の蓋を閉じようとはしなかった

あなたも好きかも:9月9日 スロット イベント
"でも、諦めなかったなら、何か残っているかもしれないじゃない"無邪気にそんなことを言いながら、蓋を開き星の天使が造った世界に厄災が広がるも構わず、その匣の蓋を開き黒い靄を出させ続けていた

女神は父なる神の玉座の前に献上された、匣の蓋から溢れ出す黒い靄などを意に介さず、その中身に紅色の瞳の視線を箱に注ぎ続ける

星の天使が狼狽える声を出し、黒い靄は父なる神が命じられて作っている楽園に、厄災を齎すと注進しても、女神が匣の蓋を開く事を止めさせなかった

やがて小さく見えた匣から、多くの黒い靄が出し尽くされた後に、小さな輝きが見えたという

"ほら、こんなに素敵な物があった"そう言って、女神が箱に手を入れてそれを取り出し、小さな掌に納める

"神様、私にこれをくださいな"自分が匣を空けてしまった事で振りまいた厄災などについては、全く気にしていないでそんなことを口にするので、星の天使は茫然としたという

でも、そんな星の天使の様子を気にせず、髪も瞳も紅色の幼い女神は、小さな掌の中にある輝きを見つめながら笑顔を浮かべていた

あなたも好きかも:キャッツアイ パチンコ 新台
父なる神は――――それを許した

立ち去る間際に、輝きに喜ぶ幼い女神を見て微笑んでいた様にも、空色の瞳には映って見えたと、当時はベルゼブルである存在に告げた

それから、匣から黒い靄となって出た厄災にも、星の天使に拘(かかわ)るなとだけ告げ、幼い可愛らしい姿をした女神の頭を撫でた

それから、星の天使に向かって無邪気に綺麗に微笑んだ

"神はね、私を愛しているの"鈴なる様なその言葉で、星の天使は自分の気に掛ける弟や、綺麗な水の天使の声も耳に入らなくなってしまった

空っぽになった自分が拾ってきた、黒い靄が詰まっていた匣は、もうどうでも良い

弟は自分と同じ顔で途方にくれて、水の天使が相談されない事を落ち込むのを土の天使が無言で慰め―――風の天使がその空になった匣に手を伸ばしたのを視線の端に見た

申しわけないけれど、その場を四大元素の天使達に後の事を任せ、星の天使は自分の中に燻る"考えてはいけない"、深く暗い気持ちを抱いて12枚の羽根を羽ばたかせて、高所にやってきた