緋弾のアリア パチンコ 104

緋弾のアリア パチンコ 104

下手に刺激しないように、動きを見せないミッドガルム軍を大人しく待ち構えることにした

だけど紗耶香が不安を言葉にしていた

「これからどうなるかしら…?」この先の展開に不安を感じているようだね

あなたも好きかも:パチンコ 窃盗 逮捕
そんな紗耶香に北条さんが答えていた

「今はミッドガルム軍が動きを止めると信じるしかあるまい

そうでなければこちらが全滅するだけだ」限られた魔力を大幅に消費してミッドガルム軍に力を見せ付けた僕達は、実はもうほとんど魔力が残っていないからだ

だからこそこの地で倒れた4万のミッドガルム軍が壊滅した惨劇を確認させることで、争うことの無謀さを何とか理解させようと考えていたんだけど

作戦通りに進むかどうかは実際にその時を待たなければ分からない

「きっと大丈夫だよ♪」「ええ、そうね…

」明るく元気な声で紗耶香を励ます雪の優しい想いを感じとって、紗耶香は雪の体を抱きしめていた

「信じるしかないわね」…ああ

あなたも好きかも:ff14 ホットバー スロット
…今は信じるしかないんだ

あなたも好きかも:ギャンボラ
だけど仮に作戦が失敗したとしても、全力で戦えば何とかなるかもしれないとは考えている

例えミッドガルム軍を全滅出来なくても、規模さえ縮小出来れば行軍を押さえられる可能性があるからだ

最悪でもカリーナの町でミッドガルム軍を止められれば、後ほど駆け付けるはずの陸軍の協力を得てミッドガルム軍を殲滅できる可能性はある

…最悪、敗北したとしても生き残れればそれで良いんだ

生きてさえいれば想いが潰えることはない