パチスロ ビオ ネッタ

パチスロ ビオ ネッタ

ゾーイはこちら側に来てすぐに一度試し、転移が出来ないので魔術の道に切り替えていたらしい

「ネア、今はいいが、移動する時は俺の手を離さないようにな」「はい

動く時はシェダーさんの手を離さないようにしますね

あなたも好きかも:パチスロ 愛知県 イベント
狼さんに乗って旅をするのは初めてです!」「ああ、俺もだ」「……………………俺は鷲の方が良かったと思うけどな」ぶつぶつ言っているゾーイをちらりと見ながら、ネアは手に持ったカードにたくさんのメッセージを書き込んだ

シェダーのことは本当に打つ手がなくなってから呼ぶつもりだったのだが、早くに駆けつけてくれたことで、こうしてディノへの連絡がしやすくなって助かっていた

そんなシェダーは、ネアがカードに文字を書けるように、今はネアを持ち上げてくれている

とても恐縮したが、ディノに早く連絡するようにと言われて、そちらを優先させるべきだと甘えることにした

あなたも好きかも:とび森 パチンコなし
(どうしてこの人は、ザハで給仕さんをしているのかしら?)それを尋ねてみたいけれど、今はゾーイがいる

今迄に一度も自分の居場所を明かすことはなかったので、何か話したくない、或いは話せない事情があるに違いないというのがネアの予測だった

ディノやウィリアムには伝えてあるのかもしれないが、簡単に言えない理由はあるような気がする

(あの給仕さんは、お店に行くたびに優しくしてくれた……………)まだ、ディノとこれから先もずっと一緒に歩いてゆく覚悟を決めていなかった頃や、色々なことを考えてディノと少しだけ距離を置いた日

あなたも好きかも:ゴッドイーター スロット 設定6 グラフ
彼はどんな思いであの店でネアやディノの給仕をしてくれて、いつからそこにいたのだろう

シェダーに出会い、その特徴的な眼差しと同じものを持つ人がすぐ側にいると気付いた時には驚いた

けれど、そうして見慣れた景色のように近くにいた人だからこそ、判断を誤って迷惑をかけないように慎重に対応しようと思っている

尋ねてみたいことを口に出せるのは、多分、二人きりの時なのだと思う

もしかして、ディノが気にしていたものが、そんな生活をしている理由だったりするのだろうか