エバ パチンコ 真紅 ゆうタイム

エバ パチンコ 真紅 ゆうタイム

……立てるか? ……って、立てないよな」 顔を覗き込み伺ってすぐにため息を吐くが、「……立てます……」と、弥生は地面についている両手に力を込めて踏ん張り、足を引き摺りながら立ち上がろうとする

立花は深く息を吐くと、そんな彼女の肩に腕を回し、足の裏にもう片方の腕を回してひょいっと抱き上げた

突然横抱きされ、弥生は「っ……」と驚いて立花の肩の服を掴む

何するんですか……」「この方が早い」 そう答え、抱き上げたまま足を抱える手でゴミ箱を掴み取り、駆け足で部室に向かう

あなたも好きかも:ルーレット 人生ゲーム
揺れる腕の中、弥生はしっかりと立花の肩の服を掴んだ

「……で

なんであっちに歩いてたんだよ? 何か用事でもあったのか?」「……

用事……という程のものではありませんけど……」「一言声を掛けて行けよ

いないからビックリしただろ」「……驚きましたか……?」「……

おまえのやること自体、よくわかんねーよ」「……そうですね……」 立花は駆け足で部室に向かいながら「……ん?」と眉を動かした

「おまえ、軽いな

あなたも好きかも:スロット カウンター 使い方
体重いくつだ?」「……

女子に向かってそういうことを聞くものじゃありません」 少し不快げにムッと目を細めるが、「減るモンじゃねーだろ」 と、立花は素っ気なく鼻から息を吐く

 ――間を置いて、弥生はそっと俯きつつ目を逸らした

そんなに、軽いですか……?」「軽い」「……一応、太ったんですけど……」「コレでかっ?」 ボソッと呟かれて立花は走りながら驚きを露わにした