名古屋市西区 パチンコ バイト

名古屋市西区 パチンコ バイト

おはよう

ライ、レイ、フォンセ、リヤン」「挨拶……ごくろぉ……ライ、レイ、エマ、リヤン」「……

あなたも好きかも:サクラ対戦 パチスロ
……おはよう……ライ……レイ……エマ……フォンセ……」「皆おはよー! エマ! ライ君

あなたも好きかも:朝霞 パチンコ バイト
レイちゃん

フォンセちゃんにリヤンちゃん!」 ライたち六人は挨拶を交わし、暫しボーッとする

 何時もはエマが見張っているのでエマだけは寝起きも何も関係無く通常と同じだが、今回はライたちの勧めでエマも休ませたのでほぼ全員が一時停止している状態だ

 そしてライ、レイ、エマ、フォンセ、リヤンの五人はゆっくりと視線を向け、「……で、何でアンタが居るんだよ……マギア!」「……っ!」「……

やはり……私は見張りとして起きておくべきだったか……!」「起きて早々……厄介な奴が紛れ込んで居るみたいだな……!」「……!」 目の前に居たヴァイス達の主力──マギア・セーレに警戒して話し掛けた

 何時忍び込んだのかは分からない

しかし昨晩から朝方に掛けてという事は確実だろう

ライたちは臨戦態勢に入り、マギアの出方を窺う

そんなに警戒しないでよ

あなたも好きかも:オンラインゲーム 女性 人気
……って言っても無理な話だよね

私達の関係からして敵同士だもん」「そんな事はどうでもいい

貴様、一体何をしに来た?」 おどけるように話すマギアに向け、エマが鋭い双眸《そうぼう》で睨み付けて返す

 マギアは依然として変わらぬ態度で笑い、言葉を続けた

「アハハ