スロット ゴッドイーター2 天井

スロット ゴッドイーター2 天井

ただ、宮廷料理人の志望理由が今の職場や住処を離れたいというものでしたら、わたくしの専属料理人として、住み込みで雇うこともできますよ?」「……はい?」 目を丸くするフーゴに、わたしはにっこりと笑って見せる

 フーゴほどの腕を下働きにするのはもったいないし、わたしのレシピをすでに知っているのだから、イタリアンレストランから出るならば、わたしがフーゴを確保したいのだ

「料理人がエラ一人では大変ですから、専属料理人を増やそうと思っていたのです

フーゴならば、エラとも馴染みがありますし、腕も確かだと知っておりますから、下働きからやり直すようなことはありません」 いや、しかし……とフーゴが呟く

宮廷料理人になると言って、イタリアンレストランを辞めるのに、宮廷料理人になれないのは、カッコ悪いそうだ

 なるほど、男の自尊心というやつだろうか

「専属料理人になれば、わたくしと一緒に城と神殿を往復する生活になりますから、宮廷料理人と言っても完全に間違いではないですよ」 フーゴの目が軽く見張られ、少し止まった後、ぶるぶると頭を振った

 ……あ、ちょっと揺れてる

あなたも好きかも:65536 スロット
よしよし、このまま畳みかけよう

「それに、わたくしの厨房では知っているレシピを全て作ることができますし、新しいレシピも一番に入る立場です

イタリアンレストランにもこちらから新しいレシピを送っているのですから」 新しい調理器具も一番に手に入りますし、と付け加えると、料理人としての興味がそそられたのか、フーゴの目が揺れた

あなたも好きかも:パチンコ 条例 都道府県
 フーゴの隣に座るベンノは面白そうににんまりと笑ったまま、成り行きを見ている

「神殿にいる時ならば、申請してくれれば、下町に帰ることもできます

ご家族も少しは安心できるのではないかしら?」 ぐらぐらとフーゴの心が揺れているのを表すように、頭がゆらゆらとしている

もう一押しだ

「それに、わたくしの厨房はエラがいます

ニコラとモニカが助手として出入りします

男ばかりのむさくるしい城の厨房より、可愛い女の子ばかりの職場の方が良いと思いませんか?」「ローゼマイン様、よろしくお願いします」 きりっとした顔でフーゴが陥落した