パチンコ glow

パチンコ glow

『お前達が百鬼夜行か

弱そうな奴等の集まりだな』『こんな奴等、俺たちの相手じゃねえな』『『『……

あ?』』』 ──だがその宴会は、複数の何者かによって阻害されそうであるが

『んだと? テメェ……』『いきなりじゃねえか……随分な態度でよ』『見たところお前達も妖怪か

数はそれなりみてえだな』 唐突に現れて失礼な事を吐き捨てた者達

その数は奥にも複数居るが、百鬼夜行の妖怪達は構わずに睨み付ける

 この楽しい宴の席

微酔《ほろよ》い気分で心地が好かった妖怪達だが、流石にこのような事を見ず知らずの者に言われると癪に障るのだろう

 加えてその妖怪達が敵意を剥き出しにしているのも窺える

故に百鬼夜行の妖怪達は臨戦態勢に入り、構え直した

あなたも好きかも:ベルセルク スロット 蝕
『まだ酔いは覚めねえが……やるってんならやるぜ?』『ああ

同じ妖怪なら、俺たちの事も知ってんだろ? つか、知ってたよな?』『その様子……もう既にやる気だよな』 場には張り詰めた空気が走る

あなたも好きかも:パチンコ スリーエース
百鬼夜行の妖怪達は刀を抜き、妖力を高める

そのまま片手に持った酒を飲み干し、肉を食し終えた

 そんな百鬼夜行の妖怪達を見、別の妖怪達は言葉を続ける

『クク……流石は有名な妖怪の群れ……物分かりが良いじゃねえか』『一つ聞きたいんだが……お前達、百鬼夜行を抜けて俺たちの仲間にならねえか?』『ああ、それが俺たちの目的だ』『あ?』『何言ってんだ?』『……?』 臨戦態勢に入った百鬼夜行の妖怪達

そんな者達に向けて告げられた唐突な誘い

それを聞いた百鬼夜行の妖怪達は小首を傾げ、態勢は崩さずに聞き返す