スロット 北斗の拳 修羅の国 やめ時

スロット 北斗の拳 修羅の国 やめ時

生きている可能性を理解しているにも拘わらず、緋の魔王はもはや二人への興味を失っておりこちらへと歩み寄ってくる

「体に纏わせていた悪魔も今の余波で魔力の大半が尽きたか

連れ帰ることは造作もないが、我が目的を果たすまでこの場に置いておくわけにもいかぬか」 このまま引き回されて破壊活動を見せつけられるってのはゴメンだ

だがこちらには抵抗する術は皆無

むしろその道中に乱雑な扱いを受けて死ぬ可能性もある

「……」 いや、それ以上に……この余裕の面が気に入らない

あなたも好きかも:arex スロット 打ち方
イリアスやウルフェを傷つけ、見下し、それが当然だと思っているこの男が

何よりも、奴自身の闘う理由そのものが

「――奇異な眼をするな

あなたも好きかも:パチンコ ルパン 新台 口コミ
闘う力を持たぬ身でありながら、そのような眼を向けられるか

あなたも好きかも:イニシャルd スロット 456
貴様のその眼にこの姿がどのように映っているのか、このような興味を持つことは久々だ」 こちらの頭よりも大きな手が迫る、それだけで周囲の温度が上がるのを感じる

どれだけ睨もうとも奴の心を揺さぶることができるはずもないが、それでも眼は逸らさない

恐怖は当然ある

それでも恐怖に勝る想いが内側から少しずつ溢れ出して――「そこまでにしてもらおうかの」 何かを察した緋の魔王が半歩後ろに下がると同時に、『俺』の目の前に一本の槍が降り注いだ

見覚えのあるフォルム、これは誰の槍だったか……

 ◇「――更なる応援が来たか