スロット aタイプ 機械割

スロット aタイプ 機械割

 それほどまでに、いまのスノウから気力を感じられなかった

 ゆっくりとスノウは首を動かし、こちらを見る

「カナミ……」 全身に巻かれた白い包帯が目立つ

 ステータスを見る限り、外傷はないとわかる

しかし、外傷とは別の何かが、スノウの身体に残って蝕んでいる

『状態』には『竜化』とだけ書かれていた

あなたも好きかも:ラブ嬢 掲示板 スロット
「その包帯……」「……ラスティアラ様にやられた」「僕もだ

あなたも好きかも:葛西 パチンコ イベント
一緒だな」「……見てはないけど、聞いてた(・・・・)

あなたも好きかも:りんかけ スロット 歌
お互い、散々だった」 スノウは気だるそうに話す

 昨日まであった執着心がなくなっている

 ラスティアラ戦での敗北をきっかけに、また全てを諦めたのかもしれない

 少し予想外だった

 諦めの早いスノウとはいえ、あの尋常じゃない執着心があっさりと消えているのは不自然に感じた

 予定との違いを感じ取り、会話の切り出し方を考え直していると、スノウは僕の腕を指差す

「……『腕輪』がない」 『腕輪』があった場所を指している

 そして、苦笑いと共に確認する

「……もう私のカナミじゃない?」「ああ」「……私とカナミの世界は壊れた?」「ああ」「……そっか」 スノウは顔を俯けて、淡々と話していく