パチスロ 魔女

パチスロ 魔女

考助が、コウヒとミツキの二人の名付けを終えた後

 いつまでも同じ場所にいるとまたブラックベアーのような魔物が来るかもしれないということで、三人は二手に分かれて行動することにした

 目的は食料の確保と足の確保だ

 三人が出現した場所は、一番近い町からでもかなり離れている場所にあるとのことだった

あなたも好きかも:リゼロ スロット フリーズ
町まで徒歩で移動することになると、考助が徒歩での移動に慣れていないためかなりの日数がかかってしまう

あなたも好きかも:パチンコ 中央区
そのためコウヒとミツキのどちらかが足の確保に行くことに決めたのだ

 どちらが向かうか決めるための勝負(考助の提案によりじゃんけんになった)は、たかがじゃんけんであるはずなのに壮絶を極めた

もちろん考助の傍から見た印象だ

あなたも好きかも:安倍 パチンコ 合法
 勝負自体は一瞬で決まったのだが、その前段階の二人から受ける圧力がすさまじかったのだ(あくまで考助が受けた印象)

 結果、ミツキが足の確保に向かうことになり、考助とコウヒは近場で今後のための食料の確保をすることになった

 食料の確保をしている間に、考助はコウヒから実践的な知識を教わっていた

 簡単に言えば、キャンプの作り方や場所の選び方などだった

 アスラ達から教わったのは、あくまでもアースガルドの一般的な知識だったので、その辺のことは教わっていなかった

 ついでに、アースガルドについての話も再確認しておいた

 [常春の庭]で話を聞いて、まず考助が一番驚いたのは、アースガルドが平面世界であるといわれたことだ