スロット6号機 最高出玉

スロット6号機 最高出玉

 それだけでも大物になりそうな予感がプンプンする

 それはともかく、スコットにとっては、折角の娘の言葉を利用することにして、報告者に視線を向けた

「娘もこう言っている

実際の被害が出ない限りは、放置で良いだろう

実害が出た場合も、こちらから調査する必要はない」「・・・・・・畏まりました」 再度の領主の決断に、報告者は非常に残念そうな顔になって頷いた

 勿論、その顔がわざとであることはスコットは気付いていたが、それを無視して退出するように言った

 そして、その様子を見ていたレンカが、首を傾げながらスコットを見た

あなたも好きかも:パチンコ 本気でやめる
「なにか余計なことでも言ってしまったか?」「いいや

あなたも好きかも:パチンコ ジョーズ シャークパニック 保留
むしろよくやってくれた」 首を振りながら笑顔を向けて来たスコットに、レンカはますます不思議そうな顔をして父親を見る

 スコットはそれには答えず、それよりも先ほどからもっと気になっていることを娘(レンカ)に聞くことにした

「それよりも、その笛はどんな効果があるんだ? ちゃんと話は聞いてきたのだろう?」 レンカは、ただ単に店員に勧められるがままに物を買うような子供でないことは、スコットもよくわかっている

 ついでに、あの店が誰の手によって準備されたのかも知っている