スロット ゴッド 凱旋 ジーストップ

スロット ゴッド 凱旋 ジーストップ

私は彼女の恋の応援をしたい、ただの外野ですが……」ネアの言葉を最後まで聞かず、エーダリアは机に肘をついて頭を抱えた

いやに深く溜め息を吐いている

あなたも好きかも:名古屋市 瑞穂区 パチンコ店
視線を上げれば、ディノはなぜか縋り付いてくるし、ヒルドはこちらに背中を向けて何度か息を吐いていた

羽に光ったような名残の煌めきがあるのが怖い

「ネア、それでその妖精は誰に恋をしたんだい?」「私の良く知っている、一押しの魔物さんです!ふわりと白い髪の毛に恋をしたと仰っていました」にこにことそう告げれば、もう一度カップを持ち上げたエーダリアが、再び手を震わせ出した

(なんなのだ!)驚愕の眼差しでこちらを見て首を振っているが、首を振り返してやりたいのはネアの方だ

あなたも好きかも:スロット 一号機
「なのでまずは、二人を会わせてあげたいのですが、ディノ構いませんか?」「………やめて」「別に私に危険はないでしょうし、特に問題もないのではと思うのですが」「ネア、やめようか」「本人の意思ということもありますが、まずはお互いを知らなければ始まりません

お会いするのが難しければ、遠目から彼女の姿を見てみるとか…」「ネア、私のことは心配しなくてもいいから」「……と言うことは、ゼノと私とで妖精さんに会ってきても構いませんか?」「………ゼノーシュ?」「ゼノは、普段は擬態しているのですが、どこかで本当の姿のゼノをご存知だったようですね

……ディノ?」ぽいと髪の毛の束を膝の上に落とされて、ネアは首を傾げる

これは魔物が拗ねているときの技だが、とすると何に拗ねてしまったのだろう

「………もしかして、ディノも、可愛い妖精さんを紹介して欲しいのですか?」「ネア?!」びっくりした魔物が声を上げだが、ネアは何だか複雑な気持ちになってしまって顔を背けた

あなたも好きかも:Witches Wild Brew
うっかり、あまりにも可憐な妖精だと褒め過ぎてしまったらしい

ディノまでそこに参戦したら三つ巴の混戦になるし、置いてけぼりのネアはとても寂しいではないか