パチンコ スーパー戦隊 カード

パチンコ スーパー戦隊 カード

あなたも好きかも:インデックス パチンコ オートボタン
「ほら、ギュンター

あなたも好きかも:マカオ カジノ 費用
この単語は何て読む?」 そう言いながら部屋のベッドの上で教科書を広げ、真っ赤なメガネをかけている女性が言う

眼鏡を掛けなくても常に凛としている彼女だが、メガネをかけたことでほんの少しばかり堅苦しさも加わってしまっている

あなたも好きかも:黄門ちゃま パチンコ 保留 ダイナマイト
勉強にはこういう堅苦しさが必要だって言ってたが、メガネをかけている妻も可愛らしい

 普段ならばカレンの体格はすらりとしている筈だけど、ベッドに横になりながら教科書を広げている彼女のお腹はかなり膨らんでいて、自力で立ち上がるのは難しそうだ

だから彼女が立ち上がる時や歩くときは、俺やプリチェットが手を貸さなければならない

 彼女のお腹の中には、俺たちの子供がいるのだから

 子供の名前を考えながら、俺はカレンが指差す単語を探し出して、それが何を意味する単語なのかを思い出す

「…………リンゴ?」「正解

じゃあこれは?」「えーと…………犬?」「正解

じゃあ次はこれ」「んー…………お母さん?」「せ、正解」 よし、少しずつ読めるようになってきたぞ

「じゃあ、次は何か好きにオルトバルカ語で書いてみなさい

おかしな部分があったら直してあげるから」「おう」 よし、書いてやる

この前こういう書き方はカレンから教わったばかりだからな

 書こうとしている文章に必要な単語を思い出しつつ、鉛筆で紙の上に少しずつ文字を書いていく

こっちを間見守っているカレンに向かってニヤリと笑いながら鉛筆をテーブルの上に置き、文章を書いた紙をカレンの座っているベッドの近くまで持っていくと、彼女はそれを受け取ってから眼鏡をそっと取った

「ええと…………『私はカレンを愛してます』…………!?」「どうだ? 合ってるか?」 昨日の夜、”愛”っていう単語は辞書で調べておいたんだよね

 俺が書いた文章を見ているカレンの顔がどんどん赤くなっていく