パチスロ 業界 噂

パチスロ 業界 噂

 それほど『魔術士オーフェン はぐれ旅』は物語の質が高かったのです

 秋田禎信氏初の長編小説であり、現在も新作が読める代表作となりました

 同作は熱心なファンが付いており、連載が途切れても新刊が出れば購入する固定ファンが多かったのです

 つまり昔から読んできた方と、最近『キムラック編』を読んで面白いと気づいた方

双方の人気がアニメ化へとつながりました

 昨今アニメ界隈では過去コンテンツが見直されています

 マンガの荒木飛呂彦氏『ジョジョの奇妙な冒険』は第五部までアニメ化されていますし、マンガの赤塚不二夫氏『おそ松くん』をベースにしたアニメオリジナル『おそ松さん』、マンガの藤田和日郎氏は『うしおととら』『からくりサーカス』が相次いでアニメ化、田中芳樹氏の『アルスラーン戦記』は荒川弘氏のマンガ化をベースにアニメ化されました

あなたも好きかも:スロット ゴッド 裏天国
 最近ではマンガの堀井雄二氏&三条陸氏&稲田浩司氏『DRAGON QUEST −ダイの大冒険−』の再アニメ化が話題をさらっています

 なぜこれらの名作が現代にリバイバルしているのでしょうか

 やはり「もう一度あの作品に触れたいな」と思っていたアニメ制作陣が熱心に企画を持ち込んだからだと考えられます

あなたも好きかも:足立区 パチスロ 優良店
 まぁアニメ化するネタが尽きたので、一定ファンを見込める過去の名作にすがっているだけなのかもしれません

なぜロードス島戦記は復活したのか 水野良氏『ロードス島戦記』シリーズは、初期の「異世界ファンタジー」を決定づけた歴史的なライトノベルです

 なぜそんな不朽の名作が新シリーズをスタートしたのでしょうか

あなたも好きかも:g1倶楽部 スロット 天井
 こちらもやはり復古主義があったのかもしれません

有象無象の書き手の新作より、過去の名筆家に書いてもらった続編のほうが売れる

 そういう腹積もりがなければ、名筆家も綺麗に終わった作品の続編なんて書こうとはしません

 角川スニーカー文庫は近年ヒット作に恵まれず、「三顧の礼」で水野良氏を迎え入れて『ロードス島戦記』が復活

2019年8月に『ロードス島戦記 誓約の宝冠』シリーズがスタートしたのです