初代モンハン スロット 設置店

初代モンハン スロット 設置店

「それでもと、決めたものが、戦場の中での、自分のルールだ

覚えておけ、リケーゼ」「ルール――?」「ハクナ、お前らのルールはなんだ?」「ん? 一般人には手を出さない……? だと、思うけど」「曖昧だな」「ほかは知らないだけ

勝手にやってるから」「勝手に、か

まあ確かに、手助けは必要ねえだろ

チィマもいる」「うん」「んで、ハクナ、お前はどう見る」「なにが?」「チィマのことだ」「あー……」 あまり口を挟まないし、基本的には無関心

あなたも好きかも:スロット ハナハナ 新台
けれどそれは、考えないのとは別だ

「煙草ちょうだい」「吸うのか?」「うん、サクヤいないし」 ほれと、箱を渡されたので、久しぶりにハクナは煙草を吸った

あなたも好きかも:パチンコ 映像化
といっても五日ぶりくらいで、こっそり吸っているのをサクヤに見逃され続けているのだ

あなたも好きかも:七 つの 大罪 スロット 高設定 挙動
それをハクナ自身も知っているから、たまにしか吸わないようにしている

「チィマは、怖いね

なんか……見方が、違う」「へえ……どう違うか説明できるか?」「厳密にはわからない

ただ、私たちは〝解決〟っていう落としどころへ向かうけど、チィマは〝落とさない〟っていう方法を知っていて、それができるとは思う

なんだろ……たとえば」 そう、この先に、もしも

「ヴァンホッペの国王が、戦争をやめないと言った時、サラサとギィールは王を殺すと思う

そうすれば瓦解するし、解決する」「だろうな

部隊は半壊して、武器の生産工場でも壊した上でなら、次への準備に時間はかかるだろうし、お前らの求める結果は得られる

手早く面倒も済ますことができるな」「でもチィマは、……なんだろう

予想だけど、じゃあ続けようかって言う気がする」「どう続ける?」「王を椅子に座らせたまま、その関係者を殺し続ける