パチンコ 北島三郎

パチンコ 北島三郎

「チッ……

傷を治すのも面倒なんだけどな……」 着地してその傷を拭ったあと、文句を言うダーク

あなたも好きかも:12 月 新台 スロット
ライはそんなダークに向かって挑発するように言う

「ハッ、そんな傷程度で何言ってんだよ

あなたも好きかも:フェアリーグランプリ スロット 評価
これからもっと酷い傷を負うんだ

あなたも好きかも:タマムシシティ スロット 景品
降参しても良いんだぜ?」「オイオイ……挑発とか止めてくれよ……──イラついたら疲れるんだ……」 ダークはそう簡単には挑発に乗らないが、少しはイラッとしたようだ

しかしまだダメージやら何やかんやが足りないのだろう

本人は面倒という理由で、まだ本気を出さなそうだった

「じゃあ、有言実行してみるか……」「俺に大きな傷を負わせるって事か……? 無理だろ」 それだけ言い、ライとダークは再び大地を蹴り砕いて加速を付ける

 それによって生じた土煙はライとダークの動きによって掻き消され、二人の距離が一気に縮まる

「ほらよっと!」「そーらー……」 ライは声を出し、ダークは気の抜けるような声でお互いに拳を放つ

 そしてそれによって再び大地が大きく揺れる

ライは魔王(元)の力を使っていないが、ダークもまだ底を見せていない様子だ

 二人の戦闘は奥底を見せぬまま激しくなる

「ラァッ!」「……」 拳を止めるや否や流れるように脚で攻撃を仕掛けるライと、それを何も言わずに防ぐダーク

そんなライとダークは一旦離れて距離を取る

「……」「……」 二人は黙り、お互いの動きを探っていた

 ライは積極的に攻撃を仕掛けているが、ダークは仕掛けず、ライの隙を狙ってカウンターに近い攻撃をしている

 このままではライの方が体力を消耗してしまうので、攻めるに攻めきれなかったのだ