パチスロ 番長 2 フリーズ

パチスロ 番長 2 フリーズ

あなたも好きかも:銀玉 パチンコ
「文字や計算を教え込んでいて、料理のレシピも知っているだと? 貴族に知られれば、買い取り依頼が殺到するぞ」「ウチの子は高いですよ

特殊技能がたくさん付いていますから

印刷業を広げていく過程でも必要ですし、これから先の教育環境向上計画にも必要ですから、貴族相手でも簡単には売りません

今のわたくしにはそれだけの権力があります」 前神殿長ならば、どんどん売ったかもしれないが、わたしは今、印刷業を広げて本屋や図書館を作るという自分の壮大な計画のために、神官や巫女を育成中なのだ

手放す気はない

「教育環境向上計画とは何だ? そのような計画は聞いていないぞ」「本を読める人が増えなければ、本を書ける人も増えないでしょう? 領地内の識字率を上げるための壮大な計画です

まだ細かくは決まっていませんけれど」 いくつか考えていることはあるけれど、印刷業の拡大がある程度軌道に乗ってからの話になる

あなたも好きかも:正月 パチンコ 回らない
 神官長は口元を拭いながら、わたしをじろりと睨んだ

「神殿に戻ったら計画書を提出するように」「え? でも、先ほど言ったように、まだ細かくは決まっていな……」「細かく決める前に、勢いで突進するのが君だ

大まかでも、いずれこうしたいという希望でもいいので、その計画について報告しなさい」 反論できず、わたしは「はい」と小さく返事する

全面的に賛同するように頷いているダームエルとフランを、じとっと睨みながら

あなたも好きかも:中洲 パチンコ
「……それにしても、予想以上に厄介そうだな

どうするつもりだ、ローゼマイン?」 溜息交じりの神官長の言葉にわたしは目を瞬いた

「何が、ですか?」「自分に権力があると思い込んでいる、あの小物のことだ

あれは逆恨みが得意で、執念深くて面倒だろう」 神官長の言葉を聞いて、わたしは、あぁ、と納得の息を漏らした

「……前神殿長と似たような感じですよね

女の子を売ってお金にしているところも、後ろ盾を自分自身の権力と勘違いしているところも、小さな世界で頂点に立ってやりたい放題なところも、よく似ていると思いました」 クッと小さく神官長が笑って、「確かに」と頷いた