メフィスト パチスロ 解析

メフィスト パチスロ 解析

 我々委員会メンバーも、世界の神々も注視していますよー

あなたも好きかも:戸松遥 パチスロ
 もちろん、全国のマシーナリーたちもね」「は、はあ……」「質問がありまーす

あなたも好きかも:烈火 の 炎 パチンコ 信頼 度
私、その場に要る?」と尋ねて来た山根に、ミシェルは「シズカ姫以外にも、マチカちゃんとかー

 魔族やドラゴンの兵がまだ生き残ってるから セイちゃんと、掃討してもらわないと」「マチカも討伐対象なんですか!?」「戦うことが好きなことを思い出しちゃったみたいでね

 好き勝手、暴れてるわ」「山根

怪我させずに捕えろよ……」青くなった山根は必死で首と手を横に振る

無理だと伝えたいらしい

セイは立ち上がってノリノリでフライパンを掲げながら「セイ様が、みんなぶっ殺す!!」なんと、そう叫んだので「いや、ぶっ殺さないで……せめて、半殺しくらいに……

あなたも好きかも:ドラエモン パチンコ
 殺したらダメだって……」とお前は今まで俺の努力を水の泡にする気か、と諌めようとすると「その意気よ!!セイちゃん!!」「いや、ミシェルさんも煽らないで……」にゃからんてぃと銀海老は山根の周りをグルグルと踊りだした

山根は椅子に体育座りをして、膝を抱えながら青くなっている

そんな感じで、皆で雑談したり、サイキョウの地図を眺めて、気持ちの準備をしていたりすると時間は過ぎて、機内の無機質な合成音アナウンスが「まもなく、到着いたします

安全地帯を選びますが 不測の事態も予想されるため、戦闘準備をよろしくお願いします」と告げてくる

「あ、忘れてたこれ」ミシェルが鞘ソードを投げ渡してくる

俺も完全に忘れてた

戦地に向かうのに暢気なのはセイだけではなかったらしい

白い剣だけで十分だと慢心していた自分が怖い

慌ててポケットに入れる

「出刃包丁じゃなかった……バグラムソードはどうなったんですか?」「ん……ああ、あの後バグラがヤケクソになっててね」「ヤケクソに?」「もう聞いたと思うけど、黒い剣から溢れ出した白い光が ワームホール勝手に閉じちゃって、心臓をつかみ出したのは意味無かったの