守山区 パチンコ イベント

守山区 パチンコ イベント

ムダに過ぎていく時間が増え、連載が投稿できない日が続くこともあるでしょう

連載小説でそれをやってしまうと読者は一気に離れます

遡るか時系列に従うか 私が提案している「佳境(クライマックス)から主人公の結末(エンディング)へそこから遡る」作り方なら「主人公の結末(エンディング)」にたどり着くには、主人公がどんな目に遭っていなければならないのかを想定しながらあらすじを書けます

 こうなるにはこの前でこんな出来事が起きないと

あなたも好きかも:テーブルゲーム なんじゃもんじゃ
そう考えながら遡って作っていくのです

あなたも好きかも:偽物語 パチスロ bgm
 あるエピソードにおいて提示される多様な選択肢の中で、主人公が必然的にその選択肢をとるには「以前このような出来事を経験していたから」だ

これは実に考えやすいのです

あなたも好きかも:パチンコ スキージャンプペア
 ある程度書き慣れてきて時系列に従ってあらすじを創りつつ執筆していける技量があれば、「主人公の結末(エンディング)」はあらかじめ考えていなくても本文を書いていけます

その場その場で作った出来事(イベント)によって最終的な「主人公の結末(エンディング)」を自在に変更させるのです

 だから書き手は最終的な「主人公の結末(エンディング)」がわからないまま執筆を続けていくことになります

ある意味では小説のダイナミズムが現れており、書き手本人が「主人公の結末(エンディング)」がどうなるのかなと、ワクワクしながら書き進められるわけです

うまく終結できれば百点満点をとれる書き方といえます

 しかしこの書き方だと以前お話ししたように伏線の回収が疎かになり、また物語そのものが支離滅裂になって破綻しかねません

途中はあれほどいいねやブックマークを獲得していた作品なのに、最終話を投稿して読み手に示した「主人公の結末(エンディング)」が納得されない

 それでは最終的な満足度は及第点に達しないでしょう

だから「すべて書き手の技量による」わけです

 以上のことから私は「あらすじは遡って創る」ほうがよいと皆様に提案しています

 遡って創ればひじょうに緻密な物語を簡単に組み立てられ、物語は破綻することなく完成し、結果読み手の読後満足度は高まるのです