スクラッチ 5000 万

スクラッチ 5000 万

「ンけど、まだどうなるかわかんないし

ひょっとしたら、お見合いの相手と気が合わないってコトもあるかも知れないしね

……相手の人が変な人かも知れないし」 「へん?」と、加奈が繰り返して首を傾げると、優樹は「うーん」と少し考えた

「……写真とは別人のような人、とか

……、あ、臭い人とか」「なにそれぇ?」 嫌そうに眉間にしわを寄せる加奈に、優樹も嫌そうに目を細めた

あなたも好きかも:シュタゲ スロット アプリ
「前にいたの

お見合いにって来た人で、すっごく臭い人

あなたも好きかも:鉄拳 パチンコ ビビット
……なんの匂いだったんだろう

あなたも好きかも:東京 スロット 名店
すごく臭かったの

ビックリするくらい」「それって、今、話さなくちゃいけないようなこと?」 反町に訝しげに突っ込まれ、優樹はハッとして恥ずかしそうに口を閉じ、加奈は「プッ」と少し吹き出し笑った

「加奈ちゃん加奈ちゃーん

加奈ちゃんが手術がんばったらぁ、きっと石田さんもがんばって優樹のお姉ちゃんに告白出来るよぉーっ?」 華音がベッドに身を乗り出して笑顔で言うが、「どこにそんな根拠があるんだ?」と、みんながじっとりとした目を彼女に向けた

しかし、加奈は「うん」と笑顔で強く頷いて、拳を胸の前で上げて見せた

「じゃあ、手術がんばっちゃおう」「うんっ

ファイトぉーっ!」 華音が元気一杯拳を突き上げると、加奈は「ふふふっ」と笑う