仮面ライダーv3 パチンコ 中古

仮面ライダーv3 パチンコ 中古

 パシッと受け取ると、どうやらポーションとマジックポーションのようだ

「これは……?」「回復薬です

先程の戦闘の疲れがあるでしょうし、傷や魔力だけでも……」 どうやら万全に近い状態で戦わせたいらしい

あなたも好きかも:サイボーグ 009 パチンコ ボーダー
そこから本当に死の境地まで追い込み、鍛えるつもりのようだ

「そんなもん捨てちまえ」 フィンは敵の施しなんてと言うが、アルビオはあっさりと飲む

「おい!」「大丈夫だよ

毒なんて入ってない」 バザガジールの性格からそれはないと確信を持って言えた

それに自分としても、今から戦うこの男相手には、万全の態勢でいたい

あなたも好きかも:エヴァ スロット 生命の鼓動 打ち方
「では、始めましょうか

あなたも好きかも:パチンコ オルトロス
……ですがその前に――」 今度は小瓶を刺しておける腰巻きを渡された

ポーションとマジックポーションが二本ずつ、計四本刺さっている

 アルビオは戦いを長引かせるつもりなのだと、腹をくくり、それを巻いた

「さて、一応殺さないつもりではありますが、期待にそぐわないと判断した場合は……失望させた代償に死んで頂きますね」 軽い口ぶりで話すが、アルビオにとっては生死の話だ

 しかもそのリミットはおそらく渡されたこのポーションが尽きる時までと見た

 じとりとした冷や汗が出てくる

「あと、私と貴方では実力差がありすぎますし、加減もしますし、初手も譲りますよ」「初手?」「ええ、先手必勝というでしょう? 験担ぎをさせてあげようと言うのです」 バザガジールは立っている場所をコツコツと靴で叩いて鳴らす

「……貴方の初撃が来るまでここから一歩も動かないことを約束しましょう