パチンコ ソフィア 社長

パチンコ ソフィア 社長

あなたも好きかも:ネットギャンブル
……静か過ぎンねん

あなたも好きかも:パチスロ 逆転裁判 フリーズ
……ちゃう気がする……」「なにがやねん?」 大介が訝しげに眉を寄せると、一平は立ち止まったまま怪訝に辺りを窺った

「……わからんか? ……こんなに静かなわけあらへんやんか

あなたも好きかも:パチンコ 銀河鉄道999 評価
……もう六時も回っとる

……奴らが集まって来るンやったら……誰かすれ違ったかておかしくあらへん……

……なんで誰ともすれ違わへんねん」「そら……おとなしくしとるからやないンか?」「……なんでや? おとなしくする必要がどこにあるンや?」「そらぁ、オレらに見つかったらヤバいんやろ」「……

なんでそう思うンや?」「は?」「……オレらに見つかったらヤバイって、なんでそない思うねん

……オレらがここに来るぅいうのは知らんはずやろ」「……」「……オレらがここに来るぅいうの知っとって、それでおとなしくされとるんやったら……、……もう、ヤバいんちゃうか?」「……

せやな……」「……

……逃げられヘンぞ……」 その頃、反町と優樹は――「鏡のある部屋?」「それか、影見っていう部屋なんですけど」「どんな漢字だ?」「影を見る、です」「影見、かぁ……」 うーん……、と、優樹の担任の原田は顔をしかめて腕を組み、考えながらも反町と優樹に目を細めた

「……またトラブルじゃないだろうな?」 「ち、違います」と、優樹が慌てて首を振るが、原田はじっとりと、更に疑い深く目を細める

「影見って、鏡だって聞いたんですけど本当ですか?」 反町が問い掛けると原田は頷いた

「反町でもわからないことがあったか