tk パチスロ

tk パチスロ

大体、貴方はね……」歩きながらミシェルのマイカへの長い説教が始まった

マイカは顔を下に向けて「……すまんかった……」とか「……精進する……」とか適当に反省するフリをしている

そのまま城を出て、まだ幽鬼たちの歓迎式典が続いている広場を通り過ぎる

玉座につまらなさそうに座ったライーザの足元で相変わらず、同じ格好で山根が伏せて居るのを見てしまって、即座に目を逸らす

無表情の美射は見てすらいない

「あれねーああいう愛の形もあるとは思うけどねー」ミシェルもチラッとそれを横目で見てから、ブツブツと文句を言いながら俺の手を握り、幽鬼でごった返す城下町内を、真っ直ぐ城外へと引っ張っていく

外に出るとすぐに、先ほどの骸骨の衛兵が、眠ったままのスカーレットを抱えて近寄ってきた

そして俺に「約束、よろしくお願いしますね」と言って彼女を受け渡してくる

あなたも好きかも:バカラ 小路
俺は「はい

あなたも好きかも:パチンコ 八代
間違いなく」と返す

あなたも好きかも:マヤン・ゴッズ
約束は約束である

してしまったからには仕方ない

ライグァークにルクネツアを焼き払った謝罪をさせるか……

と思っていると、いつの間にかミシェルの身体にグルグルと全員が荒縄で巻きつけられる

スカーレットとマイカが腹と背中で俺は右足の付け根と右手を結ばれた

そのままミシェルは何枚もの翼を出して飛び上がり、打ち落とそうと近寄ってくるナマハゲの様な数体の巨体飛行幽鬼たちに向けて口を大きく開くと「ゴヴァアアアアアアアアアアアアアア!!!!」と、その小さな身体の、どの声帯がその恐ろしい音を出してるんだよという身の毛もよだつ様な咆哮での威嚇をして、軽く追い払うと月明かりの中をローレシアンの方角へと飛び始めた

ふと振り返ると、美射は城門の近くで手を振っているのが小さく見える

マスカブラレルの上空で、撃ち落そうと次々に寄ってくる巨大な飛行幽鬼たちを、巨竜のような咆哮で威嚇して散らしながら ミシェルは進んでいく