スロット サミー 機種

スロット サミー 機種

吾郎さんが焚き火の用意してくれてるはずだし!」 その言葉にみんなも思い出し、談笑を続けながら雪道をサッサと歩いた

あなたも好きかも:パチンコ 丸亀店
 ――そして…… ペンションに戻って、冷えた体を温めている間に良子と真里乃が用意して置いてくれた夜食を食べ終え、お腹を休めている頃、「準備は出来てるぞー」と、吾郎の声にみんな反応して窓を振り返った

「おっ、すげーっ!」 火を熾した大きめの薪木に段々と火が集まっている

窓からそれを見た洋一が嬉しそうに目を見開いた

「外行こうぜ! 外!!」 みんなが厚着を始め、外に繰り出し「うほーっ」と立ち上る炎を見上げていると、吾郎がニコニコ顔で水の入ったバケツと、いつの間に用意したのか、花火の入った袋を持ってきた

「あっ、花火だーっ」 華音がすぐにそれに飛びつき、嬉しそうに吾郎を見上げた

「吾郎さんありがとー!! かのん、うれしーっ!!」「ゆっくり遊ぶといい」 吾郎は笑顔でそう言うと、窓辺の席から微笑み窺っている良子と真里乃の元へ向かうべく、ペンションの中に入った

 大きめに組んだ薪からみるみる成長する炎が、パチッ、パチッ、と、たまに火の粉を飛ばす

両手を突き出して、暖かさを実感しつつも、近付き過ぎて「あちーっ!」と、逃げる

あなたも好きかも:箱根湯本 パチンコ 店
「うわー! すっごー!」「ねえねえ写真撮ってよ、写真」「花火しよーっ、花火ーっ!」 寒さもなんのその、それぞれがワイワイと騒ぎ始め、その楽しさに魅了されたのか、いつの間にか周辺のペンションの泊まり客たちも数名近寄って来て、一緒に花火をしたり、もらったお酒を飲んだり、時間が経つと賑やかさが盛大になってきた

「……」 優樹は立ち上る炎を見上げて、一歩、二歩とバックした

そしてまた一歩、二歩……と、遠くバックする

 ……よし

 みんなから離れた場所に立って、改めて見つめた

 焚き火からパチパチと火の粉が舞い上がって空に消える

そして、暖かそうな炎を囲んで、知らない人も混じり、楽しげに騒ぐみんな――

 その様子を眺めて、少し微笑んだ

「せーんぱいっ」 背後からの声に振り返ると、ペンションの裏手からこっそり回り込んでやって来たのだろう、相川がニコニコ顔で近寄って隣りに並んだ