一騎当千 パチンコ 3

一騎当千 パチンコ 3

「センセは一平と華音の傍にいてくれ

あとのみんなでちょっと行ってくる」「えーっ、かのんも一緒に行くーっ」「着替えがないだろ

くっついたままでどうすンだよ」 仰向けの状態で拗ねる華音に立花はため息を吐いた

「ここで待ってろ、いいな」「……うーっ

あなたも好きかも:パチスロ 犬夜叉 pv
……大介君はあっ? パンイチじゃないーっ」「大介にはそこら辺にいる部活動のヤツに声掛けて服を貸してもらう」 そう答えながら立花は洋一に近寄って彼の耳に何か囁いた

洋一はじっとそれを聞いていたが、「……うそーん」と情けなく笑みを溢した

「……マジで?」 こっそり尋ねる洋一に、立花は容赦なく真顔で頷く

「アンダーくらい履いてンだろ?」「……ビキニじゃなくて良かった」 そう呟いて洋一は制服を脱ぎだし、傍で窺う生美は顔をしかめた

「一平、大丈夫か?」「……んあー……なんとか、なあ……」 ボンヤリと返事をする一平に近寄った立花は、彼の傍に腰を下ろし、顔を近付けて耳に何かを話した

一平はじっと聞いていたが、立花が離れると「……はあ」と深く息を吐いた

あなたも好きかも:マイケル スロット
「……わかった……、なんとか……やってみたるわ……」「無理しなくていい

……一言でいいからな」「……おう」 小さな声で話し合うと、次に、立花は腰を上げて相川を手招き呼んだ

併せて勝則も呼ぶと、三人で輪になりコソコソと何かを話し合う