戦国おとめ ぱちんこ 甘 初代

戦国おとめ ぱちんこ 甘 初代

「なんじゃ、起きておったのか『碧』」「うたた寝の中を貴様らの騒音で不快にさせられれば口も開く

それ以上報告がないのならばさっさと終わらせろ、それとも終わらせて欲しいか」「……話は以上だ」 緋の水晶の輝きが消えた

あなたも好きかも:パチンコ サプライズ 川越
それに続いて蒼、紫も消える

「恐ろしいの

魔王共を一喝できるのは『黒』か『碧』くらいなものよな」「……」「なんじゃ『碧』、お前さんが最後まで残る必要はないじゃろ

最後の番は『黒』に続く妾に任せて快眠の続きを貪れば良かろう?」 その言葉をどう受け取ったのか、碧の水晶の輝きも消えた

「怖い怖い

何を言うても『碧』は不快に感じてしまうからの

これでは取り繕うこともできんわ」 静寂が訪れる

あなたも好きかも:エメラルド スロット 当たり台
既に言葉を発した水晶は『金』だけだ

あなたも好きかも:一騎当千 パチンコ サバイバルソルジャー
「のう色無し、お前さんも偶には口を開いても良いのじゃぞ?」 『金』は未だに輝いている無色の水晶に語りかける

しかし無色の水晶は何を言うまでもなく、静かにその輝きを消した

「ぬう……妾、嫌われるようなことを言ったか? どの魔王も気難しいのは変わらんの

しかしユグラの星の民か、実に興味深い

ターイズにおると聞いたが……此(・)処(・)ガ(・)ー(・)ネ(・)を訪ねて来てはくれんかのう? んっふっふっ」 愉快そうな笑い声を残し金の水晶も輝きを失った

その空間を照らす光は何もなくなる