パチンコ が ある 国

パチンコ が ある 国

「あいつ、徹底してオレの試験を阻止するつもりなのかな?」「ご、ごめんね流君、迷惑掛けちゃって……」「優樹のせいじゃないよ」 申し訳なくぺこりと謝る優樹に苦笑して彼女の手をギュッと握った

「でも、先輩たち、もしかしたら優樹が手回ししてるんじゃないかって疑ってたけどね?」 愉快げに笑われて、優樹は怪訝に眉を寄せて見上げた

あなたも好きかも:鯖江市 パチンコ
「私の手回し?」「優樹が試験を妨害しようとしてる、って」「……、したいけど」と、拗ねて呟くと、「……、嬉しいけど」と、複雑そうに笑う

あなたも好きかも:パチスロ でない
 優樹は「うーん……」と、困った顔で薄青い空を見上げた

「剛君、最近全然いたずらしてこないし、諦めたんだと思ってたのに」「その間に、先輩たちの連絡先を調べていたのかも知れないな」「……流君、あとを付けられてた?」「……、かもね」「ご、ごめんなさい」「優樹が悪いんじゃないよ」 再度頭を下げられて反町は苦笑し、深く息を吐いた

「あいつがどこの誰かわかってるから、いざって時はまた呼び出せるし

それに、あいつの邪魔に負けてるようじゃ、悔しいしね」 挑戦を受けて立つ、そんな余裕の笑みで方眉を上げる反町の横顔に、優樹は「……もう」と、肩の力を抜きつつ苦笑した

 ――剛のいたずらが嘘のように止まって、ホッと安心出来るようになったのはつい最近

それまでは、常にビクビクと怯えていた

あなたも好きかも:タヌキ パチンコ
今度は何を“落としてくる”のかと、極力、校舎からは遠離って歩いて

 時間が経って、日にちが経って、ようやく落ち着いた学生生活を送っている

 もう一つ、落ち着いているのは洋一だ

――双葉が近寄らなくなってきた

変わらず同じクラスにはいるが、以前のようにべったりとくっついてくることもなく、自由にしている

部室にも現れなくなり、洋一はようやく伸び伸びと生美に専念出来るようで、今度は彼が生美のストーカーと化している